映画についての説明

映画についての説明

HOME マッドマックス 激突 運営者 ブログ



映画とは「映画館で上映される作品」と、長い間考えられてきました。
しかし、最近は「Vシネマ」「ネットシネマ」なども登場していますので、「映画館で上映されるもの」だけが映画とはいえなくなっています。

「第八芸術(第七芸術)」という言葉は、古来からの芸術である「絵画、彫刻、音楽、文学、舞踊、建築、演劇(舞踊と演劇を区別しない場合もある)」に映画を加えるとう意味合いです。

映画の誕生は19世紀のことであり、この分野が大きく発展したのは20世紀のことです。
20世紀後半には、映画の撮影・製作に使われる技術が大きく発展しました。

たとえばSFX(特撮)技術の発展や、アニメーションの技法、コンピュータグラフィックスなどの技術が、映画にも大きな影響を与えています。

最近は3D作品を映画館で見ることもできるようになりました。
また映画とは、映画製作会社が作る大掛かりなものだけではありません。

個人・少人数のグループなどが、コツコツと製作している映画もあります。

かつては「製作しても見てもらえる手段がない」というジレンマがありましたが、最近はインターネット上での公開・動画サイトへの投稿などで、個人製作・自主制作の映画を多くの人に見てもらう機会も増えているのです。

デジタルビデオカメラの普及が、アマチュア映画製作者の助けとなったことは確かです。
またデジタルビデオカメラの性能が上がるにつれて、商業作品もフィルム撮影されることが減り、デジタルビデオカメラで撮影されるようになっていきました。



[本サイトは下記のスポンサー様の広告にて運営されています]

節約の裏技便利グッズなどをご紹介
節約生活

[PR]syoukais